診療のご案内

診療のご案内

診療のご案内

当院の特長

総合内科専門医・消化器病専門医・内視鏡専門医である院長が、
丁寧な診察と安心の治療を提供します。

消化器疾患(食道・胃・十二指腸・大腸、胆嚢など)の専門的な診療に加え、
高血圧・高コレステロール血症などの脂質異常症・糖尿病などの
生活習慣病やかぜなどの急性疾患に幅広く対応しています。

最新の機器による苦痛の少ない胃カメラ、大腸カメラを行っており、
希望される方には鎮静剤を使って、寝ている間に検査することもできます。

治療内容

消化器内科・胃腸内科

消化器内科・胃腸内科

食欲がない、お腹が痛い、吐き気がある、下痢する、便秘するなど、消化器由来の症状は数多くあります。
消化器病学会専門医である院長は、食道、胃、十二指腸、大腸、胆嚢など消化器の病気の専門家です。お気軽にご相談ください。


潰瘍性大腸炎・クローン病

潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患は、いかに症状が悪化している時期(活動期)を抑え込み、症状が安定している時期(寛解期)を維持できるかが重要となります。そのためには、患者さまそれぞれに合った薬剤の調整が必要で、経験豊富な医師による診察、フォローが望ましいです。お気軽にご相談ください。


一般内科

一般内科

高血圧・高コレステロール血症などの脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病やかぜなどの急性疾患に幅広く対応しています。お気軽にご相談ください。


内視鏡検査

内視鏡検査

胃がん・大腸がんは日本人に多い病気ですが、早期がんでは無症状のことが多いため、早期に発見するためには、内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を定期的に行うことが大切です。当院では、苦痛の少ない胃カメラ・大腸カメラを行っています。

詳しく見る


健康診断・特定健診

健康診断・特定健診

島本町・高槻市の特定健診や胃がん検診(胃カメラ)を行っています。

島本町国民健康保険特定健診、高槻市国民健康保険特定健診、後期高齢者医療保険健康診査、若年者および生活保護受給者の方の健康診査を行っています。また、雇い入れ健診や会社健診等も実施しています。

詳しく見る


人間ドック

人間ドック

当院の人間ドックでは、身体測定や血液検査、心電図、胸部レントゲン、尿検査などの検査に加え、コース別の胃カメラ、大腸カメラの検査を行い全身を総合的に調べます。

詳しく見る

受診のご案内

初診の方へ

保険証・医療証等をお持ちください。内服しているお薬があれば、お薬の内容がわかるものをお持ちください。
(薬局からの説明の文書もしくはお薬手帳など)健診結果などをお持ちの方はお持ちください。

薬局・処方について

お薬は基本的に院外処方となっております。
同じ効き目の薬や飲み合わせ注意薬の内服を防ぐために、かかりつけ薬局をお持ちになることをお勧めします。

地域連携医療機関

高度の検査や入院治療が必要な場合は、以下の連携医療機関に迅速にご紹介させていただきます。

診療に関する掲載事項

オンライン資格確認について

当院では、マイナンバーカードによる「オンライン資格確認」に対応しております。
オンライン資格確認により取得した診療情報・薬剤情報・その他必要な診療情報を取得・活用して診療を行うことができます。また、「医療DXに対応する体制整備として「電子処方箋」および「電子カルテ情報共有サービス」の導入に向けて取り組んでおります。なお、当院では厚生労働省の定めに基づき「医療情報取得加算/医療DX推進体制整備加算」を算定しております。質の高い医療の提供に努めておりますのでマイナンバーカードのご利用にご協力をお願いいたします。

明細書発行について

当院では患者様への情報提供を積極的に行うため領収書の発行の際に診療報酬の算定項目が分かる明細書を無料で発行しております。なお、明細書が必要ない場合はお申し出下さい。

外来感染対策について

当院では感染対策として、下記の取り組みを行っています。

  • 感染管理者である院長が中心となり、従業者全員で院内感染対策を推進します。
  • 院内感染対策の基本的考え方や関連知識の習得を目的に、研修会を年2回実施します。
  • 感染性の高い疾患(インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症など)が疑われる場合は、一般診療の方と分けた診療スペースを確保して対応します。
  • 抗菌薬については厚生労働省のガイダンスに則り、適正に使用いたします。
  • 標準的感染予防策を踏まえた院内感染対策マニュアルを作成し、従業員全員がそれに沿って院内感染対策を推進していきます。
  • 感染対策に関して基幹病院と連携体制を構築し、定期的に必要な情報提供やアドバイスを受け、院内感染対策の向上に努めます。
一般名処方について

一般名処方とは、お薬の有効成分をそのままお薬名として処方することです。
これにより、有効成分の同じお薬が複数あれば、先発医薬品・後発医薬品(ジェネリック医薬品)をご自身で選ぶことができ、特定のお薬の供給が不足した場合であっても、患者様に必要なお薬が提供しやすくなります。一般名処方について、ご不明な点などがありましたら当院職員までご相談ください。また、一般名処方を希望されない患者様につきましてはその旨をお伝えください。

生活習慣病患者様へ

当院では医師の判断に基づき、患者様の状態に応じ、28日以上の長期処方またはリフィル処方箋の対応は可能です。